PRODUCTS

BT001D 100 x 100 CMOS-ToF 3-tap デプスイメージセンサ

(開発中)超小型! 高速物体検知などのセンシングに最適!

特徴

  • 超小型ToFカメラシステムに搭載可能なダイサイズ
  • 1フレームあたりのデータ量が小さく、システムでのデプス演算負荷が少ない
  • より高速応答性を重視するセンシングシステムに最適

応用例

  • 自動走行ロボット(衝突回避)
  • 高速オートフォーカスシステム (オブジェクト検知)
  • 簡易タッチレスコントロール

製品紹介

現在、量産開発中のショートパルス方式100×100画素版の超小型 CMOS-ToFデプスイメージセンサです。

QVGA版BT008Dの機能や性能はそのままに、画素数を削減して小ダイサイズにしました。

 

 

QVGA版BT008Dは下記をご参照ください。

BT008Dデプスイメージセンサ紹介

仕様

Depth sensing method
Indirect ToF method with Short pulse modulation
Optical format
1/6.7 Type
Die size
3.7mm x 4.1mm
Pixel size
16.8µm x16.8µm
Number of pixels
108(H) x 107(V)
ADC resolution
12bit on-chip
Max. Frame rate
>100fps
Acquisition time
T.B.D.
Readout time
2msec(Typ.)
Sensor interface
MIPI CSI-2(subset); 2data and 1clock lanes
Input clock frequency
27MHz(typ.)
Output data rate
378Mbps / lane
Output data format
RAW12
Power supply
3.3V
Power consumption
T.B.D.
Sensor I/O pins
44pins

ダウンロード

関連記事

本製品に関するお問い合わせはコンタクトフォームからお願い致します。